つれづれ美術手帖

アート関連のアウトプットブログです。

狩野山雪

こんばんは、ふみです。

今日は「狩野山雪」について、お話しようと思います。

 

*基本情報*
生没年 1590年-1651年
時 代 江戸時代初期
居住地 京都
特 徴 水平や垂直を意識した幾何学的構図
代表作 老梅図襖・雪汀水禽図屏風(せっていすいきんずびょうぶ)

 

f:id:fumi23art:20200220110433j:image

(写真)筆者が狩野派にハマっていた時期に買った雑誌。目次の次のページに見開きで山雪の老梅図襖の写真が載っています。

 

f:id:fumi23art:20200220174330j:image

(写真)老梅図襖 1647年 166.7×116cm 妙心寺天祥院襖絵 メトロポリタン美術館

 

私はこの作品を最初に見たとき、「こんな襖絵、見たことない」と衝撃を受けました。
梅や桜の木々は普通、枠から飛び出してのびのびと描かれます。

f:id:fumi23art:20200220175616j:image
(写真)狩野永徳 聚光院障壁画のうち花鳥図 聚光院
しかし、山雪のこの梅は、枠にかっちりとおさまり、そして矯正されているような、一種の狂気的な印象を受けます。

 

狩野山雪は「京狩野」の2代目です。
狩野派は、もともと室町幕府の御用絵師ですが、江戸時代になると、徳川氏を頼って江戸に移った多くの狩野派に対して、京都に残った狩野派は「京狩野」と呼ばれるようになります。
山雪の師である山楽は、秀吉に気に入られていたことから、そのまま秀頼に仕え、京都に残りました。


徳川の治める時代ですから、狩野派の本流は江戸となっていきます。

その裏側で、京都に残った山雪ら京狩野は、豊臣氏の滅後、嫌疑をかけられて投獄されるなど、不遇な扱いを受けたようです。

そのような環境が、山雪にこのような絵を描かせたのでしょうか。
ちなみに、孤独を好む性格だったと伝えられています。なんだか納得してしまいました。

 

f:id:fumi23art:20200220174547j:image

(写真) 雪汀水禽図屏風  154×358cm

こちらの作品も有名です。なんだか物寂しさを感じますが、老梅図屏風に比べて広がりのある伸び伸びとした印象です。


山雪は蔵書家で絵画史研究をしていたらしく、3代目の狩野永納は日本初の画伝書「本朝画史」を書いたことで有名です。
中身は、狩野派でよく描かれるモチーフと、その描き方について詳しく描かれた技法書。江戸の狩野派が作ったのではなく京狩野が作った技法書、ということが、興味深いですね。

 

いかがだったでしょうか。

内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください。

 

このブログでは、元美大生の筆者が、日本の絵画を中心に、毎日少しずつ語っていきます。ぜひコーヒー片手に、空いた時間に読んでもらえたら嬉しいです。

それでは、また明日

 

* * * * *

投稿 2020.02.20

更新 

参考 

wikipedia  https://ja.m.wikipedia.org/wiki/狩野山雪

狩野派決定版 2004年9月出版 別冊太陽