つれづれ美術手帖

アート関連のアウトプットブログです。

いわさきちひろ

こんばんは。今回はいわさきちひろについてお話しします。


*基本情報*
生 誕  1918-1974年
時 代  現代
居住地  福井→東京
分 類  水彩画家
特 徴  淡いタッチで描く子供

f:id:fumi23art:20201120160223j:plain

いわさきちひろは、淡いタッチで描く子供が有名な絵本作家です。
彼女の作家活動のテーマは「子どもの幸せと平和」
ちひろにとって21歳の青年期真っただ中に起こった第二次世界大戦は彼女の人生に大きく影響を与えたようです。

ちひろは、恵まれた家の三姉妹の長女として育ちました。
当時としては珍しいラジオや蓄音機、オルガン、カメラなどの機器も所持していたそう。
幼いころから絵を描くのが得意で、幼少期に影響を受けたのは「コドモノクニ」という雑誌。
当時有名だった岡本帰一などの絵に強く心を惹かれました。
f:id:fumi23art:20201120151005j:plain
14歳の時、絵の才能を認められ、岡田三郎助のもとで油絵を学び,後で触れる政治との関係から画家としての道を歩み始めました。

結婚とこども

ちひろは人生で2度結婚をしました。
一度目の結婚は1939年、ちひろが20歳のとき
3姉妹の長女のためか両親の薦めを断り切れず、婿養子を迎えました。
お相手は彼女に好意を持つも、ちひろはどうしても好きになれず、形だけの結婚だったそうです。
ちょうどその頃第二次世界大戦が起きたため、夫と満州に渡るも、1年後には夫の自殺により帰国することに。
このような経験から、ちひろは二度と結婚するまいと心に決めます。

二度目は1950年、ちひろが32歳の時、共産党支部会議で演説していた8歳年下の青年松本善明と結婚式を挙げました。

翌年、男の子を出産しましたが、狭い借間で子どもの世話をしつつ画家としての仕事を続けることが難しかったため、やむを得ず両親のもとに預けることになりました。
ちひろは猛に会いたさに、片道10時間近くかけて長野の両親のもとに通ったそう。
その後2年ほど経ってから、ようやく家族揃って生活をすることができるようになりました。
そのような苦い経験が、ちひろの作風に影響を与えたのかもしれません。

政治と画家活動

ちひろは1946年、日本共産党の演説に深く感銘し入党しました。
そこから、党の関係する芸術学校に入り、新聞記者として働きながら、丸木俊に師事して本格的に画家としての活動を始めました。

ちひろは水彩画家として有名ですが、46歳頃までは主に油絵を描いてきた人物でした。
最初に手掛けていたのは広告ポスターや雑誌、教科書の表紙絵など。

師匠・丸木俊の作風は洋画家らしい濃い色彩で写実的よりの絵だったため、師匠の影響を受けたような作風を描きました。
f:id:fumi23art:20201120145135j:plain
師匠・丸木俊の作品
f:id:fumi23art:20201120160536j:plain
(写真)ハマヒルガオと少女 いわさきちひろ 1950年代中頃

そこからちひろが独自の画風を模索するようになったのは1964年。
ちひろの作風は師の作風よりもかわいらしく
「かわいらしすぎる」「リアルな子どもの姿を描くべき」などの批判があり、
ちひろ自身もそのことに悩んでいたそう。
師の丸木俊が党から除名されたことなどをきっかけとし、ちひろは自分の感性に素直になり、独自の画風を追う決意をしました。
f:id:fumi23art:20201120165341j:plain
いわさきちひろ展 画集
独自の画風となった彼女の絵からは、にじむような淡い色彩で、子供のはかなさや柔らかさなどが伝わってくるようです。



いかがだったでしょうか
内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.11.20
更新 
参考 

ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村

感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。

杉本博司

こんばんは。
今日は杉本博司について、お話しします。


*基本情報*
生 誕  1948年
時 代  現代
居住地  ニューヨーク
分 類  写真 コンセプチュアル・アート
代表作  海景 など
特 徴  厳密なコンセプトと哲学に基づいた作品


f:id:fumi23art:20201113180455j:plain
(写真)BRUTUS ブルータス 2005年9月15日号 特集:杉本博司を知っていますか? 2005年/マガジンハウス


杉本博司は、主に写真作品を扱う現代アーティストです。
彼の写真作品は、照明・構図・現像など写真技術の側面からも評価されていますが、最も注目すべきはその明快で厳密なコンセプトにあります。
幼い頃から「自分の見ている世界」が本当に実在するのか疑問を持っていたと言う杉本は、曖昧なイメージや光などをモチーフに、時間の積み重なりや流れを模索する問題定義的な作品を数多く作り出してきました。

コンセプチュアル・アート

杉本の作品には、それぞれ明快で厳密なコンセプトがあり、そのコンセプトを彼の職人的技術により実現させてきました。
このような芸術運動のことを「コンセプチュアル・アート」といい、コンセプチュアル・アートは1960-1970年代にかけて世界的に行われた前衛芸術運動です。

杉本は大学卒業後1970年に渡米し写真を学びました。
当時のアメリカは、情報の氾濫や錯綜によって「あるがままの真実を写す」というストレートフォトグラフィの理念が崩れ、表現者の意図を伝えやすく加工するという考え方へ流れている時期でした。

杉本は「写真には嘘をつかせない」という倫理を持ちつつ、明らかに作為的なものを使うことで自らの想いを表現しました。

『海景』シリーズ

杉本は高校時代、初めて海を見た時にその水平線に衝撃を受け、水平線を数万年前の人と同じように見ていることに思いをはせたそう。
そこから「人間の見ることができる共通・普遍の風景」として、世界各地の海や湖で「同じように地平線を写した風景」を撮影する作品シリーズを作りました。

この作品で立てた問題定義は
「古代人の見た風景を現代人が同じように見ることは可能か」から始まり
「人類が最初に見た風景は海ではなかっただろうか」
「海を最初に見た人間はどのように感じたか」などと続きます。

これまでそれぞれが個別の海として認識されていたものを同一なものとして扱うことで
性を奪われる

さらにこの「海景」シリーズを90度回転させた「レボリューション」(1982年~)という作品では、水平線が地球の輪郭線の一部ともとることができ、鑑賞者の意識を宇宙へと誘導します。


いかがだったでしょうか
内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.11.13
更新 
参考 https://imaonline.jp/imapedia/hiroshi-sugimoto/

ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村

感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。

奥村土牛

こんばんは。
今日は奥村土牛について、お話しします。


*概要*
生没年  1889-1990年
時 代  近代
居住地  東京
分 類  日本画日本美術院
特 徴  重ね塗りによる繊細な表現
代表作  鳴門
受影響  梶田半古・横山大観など
その他  1962年文化勲章受章


f:id:fumi23art:20201106171559j:plain
(写真)醍醐 奥村土牛 1972年 山種美術館

奥村土牛は明治生まれの日本画家。
自然を愛し、草花をテーマにした透明感のある作品を多く描きました。

画号の「土牛」という名前は、出版社を営んでいた父が、土牛28歳の時に、丑年生まれの干支にちなんだ「土牛石田を耕す」から引用してつけられたそう。
「土牛石田を耕す」は、中国唐時代の有名な禅僧・寒山の詩から取られたもので、
「石の多い荒れ地を根気よく耕せば、やがては美田になるように、たゆまない精進をしなさい」という意味が込められています。
彼の繊細で丁寧な表現とも一致する、素敵な画号ですね。

病弱体質

土牛は病弱だったそうで、高等科に進むも中退。
梶田半古のもとに入門し、彼の画塾で絵の技術を学びました。
その後は為替貯金局に勤務し、ポスターや統計図・絵葉書を描いていたそうです。
健康状態がすぐれない時期があったため、一つの大作を描くというスタイルではなく、
執拗なまでのスケッチをするという彼独自のスタイルを築きました。

土牛は、文芸雑誌「白樺」にも影響を受けました。
雑誌「白樺」では、当時新しく日本に輸入されてきたゴッホセザンヌなどの後期印象派の絵画が紹介されており、土牛はこれらに大きな影響を受けたとされています。
確かに、モチーフの扱い方や構成に後期印象派の影響が見て取れるような気がします。

重ね塗りによる繊細な表現

土牛の作品の特徴は重ね塗りによる繊細な表現です。
この表現に行きついた背景には、病弱体質な一面から、丁寧なスケッチを何度も行っていたことが挙げられます。
土牛は、刷毛で何百回とも言われるほど絵具を塗り重ねることで、微妙な色加減の繊細な表現をすることに成功しました。
f:id:fumi23art:20201106171456j:plain
(写真)鳴門 奥村土牛 
徳島県の有名な鳴門を描いた一作。
正面の鳴門と、奥にうっすらと見える山、という単純な構図を取ることで、見る人をひきつけます。
群青や胡粉、百緑を何度も丁寧に塗り重ねることで、海の奥深さと渦のしぶきを表現しており、臨場感のあるリアルな作品となっています。
渦のそばまで船で行き、身を乗り出すようにして写生を続けたと言われています。




いかがだったでしょうか
内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.11.06
更新 
参考 
ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村


感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。

日月山水図屏風

こんばんは。
今日は日月山水図屏風(じつげつさんすいずびょうぶ)について、お話しします。


日月山水図屏風は、密教で行われる、灌頂(かんじょう)という儀式に使用する仏具の一つだそうです。
灌頂とは、諸仏や曼荼羅と縁を結び、正統な継承者となるために頭に水を注ぐ儀式だそう。
鎌倉時代から幕末にかけては天皇即位式にもこの灌頂が行われていました。

ここからは、室町時代に制作された2つの日月山水図屏風をみていきたいと思います。

東京国立博物館蔵「日月山水図屏風」

f:id:fumi23art:20201029135339j:plain
(写真)日月山水図屏風 室町時代・16世紀 148.1x312.0cm 東京国立博物館 重要文化財

大きくうねる木々や、水流を描く「動的」な右隻に対し、
左隻は水流も穏やかで木や山もどっしりと、伸び伸びとそこに描かれています。
右隻・左隻を並べてみると、連動しているようでしていない。
この作品は、もとは別々に描かれた作品であったものが屏風として組み合わされた、と考えられています。
それぞれ個々にみてみると、とても見やすくて構図もいいような気がします。
f:id:fumi23art:20201030150404j:plain
左上にある太陽が山々からひっそりと顔を出しています。
季節は冬から春にかけてでしょうか。
f:id:fumi23art:20201030150407j:plain
銀色の月がわびさびを感じさせます。
季節は夏から秋にかけてでしょうか。
生茂る木々と葉の落ちた木が描かれています。

金剛寺蔵「日月山水図屏風」

f:id:fumi23art:20201029140446j:plain
日月山水図屏風 作者不明 15〜16世紀 金剛寺 国宝

こちらは大阪府金剛寺にある重要文化財の屏風です。
金剛寺密教のお寺。修行僧が日々の修行の中で描いたのではないかといわれています。

特徴的なのは山や水流などのダイナミックな表現。
生き物のような躍動感を感じます。

右隻は、春から夏の景色に金箔の太陽。
左隻は、秋から冬の景色に銀箔の月。
中央の海を軸として時が流れています。
先ほどの屏風とは間反対の方向に季節が描かれているのが不思議です。

また、ここで注目したいのが白の顔料です。
この作品では、
・雪全体は「胡粉」で平らに塗って
・松の上に降り積もった雪を「鉛白」で盛り上げ
というように、白色顔料の使い分けがされています。

鉛白は、平らに美しく塗りやすい
胡粉は、盛り上げて塗りやすい
という、それぞれ特徴がありますが、
こちらの作品では逆の用途で使用されています。

金剛寺の日月山水図屏風が制作された年代は、白色顔料の材料がこれまで多く使用されていた鉛白から、胡粉という絵具に転換していく時期でした。
この作品は、もしかしたら白色顔料の使い方を試行錯誤していた作品だったのでしょうか。
※参考文献
https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/224264/1




いかがだったでしょうか
内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.
更新 
参考 
https://www.tobunken.go.jp/~ccr/pdf/58/5807.pdf
(報告)国宝日月四季山水図屏風の蛍光x線分析(2019年発行)
https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/224264/1


ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村

感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。

狩野長信

こんばんは。
今日は狩野長信について、お話しします。

*概要*
時 代  安土桃山-江戸時代初期
年 代  1577-1654年
居住地  江戸
分 類  狩野派
代表作  花下遊楽図(かかゆうらくず)
受影響  狩野松栄・永徳
その他  江戸幕府御用絵師


狩野長信は、狩野松栄の四男。狩野派でも特に有名な狩野永徳を兄に持つ人物です。
幼い頃から父の松栄や兄の永徳から絵を習ったと言われています。

また、長信は江戸幕府に奉仕した狩野派で、最初に御用絵師となった人物とも言われています。
晩年には狩野派一門の長老として、二条城二の丸御殿や日光東照宮の制作にも加わるなど、同時第一線で活躍した人物でした。


花下遊楽図屏風

f:id:fumi23art:20201023151943j:plain
f:id:fumi23art:20201023151922j:plain
(写真)花下遊楽図屏風 1960-1624年 148.6×355.8㎝ 東京国立博物館 国宝
桃山時代の人々の暮らしやファッションを見ることができる、風俗画の傑作と呼ばれる作品です。
右隻中央は関東大震災で焼失して、現在は残っていません。
f:id:fumi23art:20201023155537j:plain
(写真)復元画像
美しい着物を着た貴婦人たちが優雅に花見を楽しんでいる、1番の見どころと言ってもいいところですね。これが焼失してしまったことは本当に残念です。


風景をみてみると、桜が咲いていることから、どうやら季節は春のようです。
いろんな人々が、各々でお花見を楽しんでいる様子が見て取れます。

左隻では、建物の前で男女がなにやら楽しそうに踊っています。
男性集団が踊っているのは、同時流行しはじめた歌舞伎踊り。
歌舞伎の語源は、「傾く(かぶく)」の連用形から。
もともとは「頭を傾ける」という意味だったそうですが、だんだんと「常識外れ」と言ったような意味で扱われるようになりました。
着物を着崩して着ているようですが、これは桃山時代の最新ファッションだったそうです。
このような男性のことも「歌舞伎者」と言っていたそうですが、語源の変化から、あまりよく思われていなかったのでしょうか…?

また、この作品はファッションに注目してみても非常に素敵な作品です。
桃山時代の服装をよく繁栄していて、しかもそれがとりわけ美しい、ということで染色の展覧会でも出品されたことがあるとか。
服装の鮮やかさの反面、建物や木々は水墨を中心にして淡く描いているため、その対比も楽しめます。




いかがだったでしょうか
内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.10.23
更新 
参考 
ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村

感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。

ハンコ文化について

こんばんは。

最近、「脱ハンコ」という言葉をよく耳にするようになりました。
脱ハンコについては、これまでも言われてきていましたが、
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って
押印の文化がよりネガティブに報道されるようになったと思います。

特に最近では、経団連会長を務める中西宏明が
「ハンコはまったくナンセンスで、美術品として残せばいい」
と述べたことが話題となりました。

今回は日本独自に発達してきた「ハンコ文化」について、改めて調べてみました。


*基本情報*
意  味  個人や団体のしるし
発  祥  紀元前7000-6000年頃
      中東 古代メソポタミア文明
日本の発祥 弥生時代頃 中国から伝播
日本の発展 江戸時代


ハンコは、正式には「印章」というらしく、個人や団体のしるしとして使われてきました。

印章の語源は中国秦・漢時代。
秦の始皇帝が、皇帝が持つものを「璽(じ)」臣下の持つものは「印」と呼ぶようになり、
さらに漢時代に将軍が持つものを「章」と呼ぶようになったことから、総称として「印章」という単語が生まれました。

印章文化として世界最古のものは
紀元前7000~6000年頃、中東の古代メソポタミア文明でした。
最初は「封泥」という、文書などをひもで封じた上に泥を塗り、捺印するものから始まりました。
f:id:fumi23art:20201015100608j:plain
(写真)封泥 東京国立博物館 https://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=TJ3061
泥から朱肉へと変わったのは、中国秦・漢の時代。紙の普及に伴って変わった背景があるようです。

印章の発展・衰退は、世界的には識字率と関係していることが多いようで、
・サインを自筆することが難しいから印章を使う
・自筆できるようになるからハンコ文化が廃れていく
といったところから印章の発展・衰退をある程度見ることができそうです。

中国では「書道」文化で発展

現在印章として最も古いものは戦国時代初期(紀元前5世紀ごろ)、シルクロードを通ってインドから伝わってきたとされています。
秦・漢の時代では、印章は権力を示す象徴となりましたが、
隋・唐の時代になると、書道の発展とともに署名が用いられるようになりました。
中国の印章は、身近な日用品としてはほとんど定着せず、
印章は「芸術」として、印章自体を芸術作品とする「篆刻」となり、独自の発展をすることとなりました。


日本では、「武家社会」で発展

日本で印章が使われるようになったのは701年
大宝律令の制定で公文書に押す「官印」が導入されたことから始まったとされています。

その後、一旦は印章を押す文化が廃れ、平安時代後期から鎌倉時代にかけては花押(かおう)という、簡略化した自書に代わりました。
f:id:fumi23art:20201015100739j:plain
(写真)花押 豊臣秀吉
室町時代になると、宋から来た禅宗の僧侶たちを通して、書画に用いる用途で再び印章を使う習慣が復活することとなり、武家社会へと発展していきました。

花押は手間がかかるものだったそうで、その手間を簡略化するために「略式の署名」として印章が使われるようになりました。
f:id:fumi23art:20201015100632j:plain
(写真)「天下布武」朱印 織田信長

江戸時代になると、押印の文化が民間にも浸透していき、私文書にも印を押す慣習が広がっていきました。
この頃に実印登録の制度が作られはじめたと言われています。
江戸時代の日本における印章は命の次に大事なものに例えられるなど、庶民の財産を保証するものとして非常に重く扱われるようになり、日本独自の印章文化が確立しました。

明治には、欧米のように署名制度を導入しようと試みましたが、反対意見が相次いだため、結局押印の文化は廃れず、残っていきました。




いかがだったでしょうか
日本だけは「自書→ハンコ」という世界と逆の流れをしていたところが興味深いですね。
これからの時代、日本のはんこ文化は、どう変わっていくのでしょうか。

内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.10.16
更新 
参考 

ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村

感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。

大津絵

皆さんは、現在、東京ステーションギャラリーで「もうひとつの江戸絵画 大津絵」という企画展が開催されているのをご存知でしょうか?
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202008_otsue.html
この展覧会は、これまで「美術品」として扱われることのほとんどなかった大津絵を、「もうひとつの江戸絵画」としてとらえ、大津絵を愛した画家や文人とともに紹介しています。

では、その「大津絵」とはどのようなものなのでしょうか
今回はお話ししていきたいと思います。


*概要*
意 味  滋賀県大津市の民族絵画・東海道大津宿の名物
時 代  江戸時代初期
地 域  滋賀県大津市
発 祥  1624~1644年頃 髭茶屋追分
特 徴  稚拙さ・
題 材  親仏・人物・動物・風刺画
その他  土産物・護符としての役割・大量生産・名も無き画家

発祥について

大津絵が生まれたのは、江戸時代の寛永年間(1624- 1644年)のころ
当初は仏教の信仰の一環として、仏画を中心に描かれていました。

現在分かっている、「大津絵」という言葉が最初に登場した最古の例は、
松尾芭蕉が1691年に詠んだ俳句です。

大津絵の 筆のはじめは 何佛

この俳句には、仏画が多かった初期の大津絵の特徴が表れています。

当初から、安く手に入る信仰の対象として人気があり、江戸時代後半(8世紀ごろ)には教訓や風刺も含んだ作品が出てくるようになりました。
堅苦しくない、自由な空気感があるところが特徴で、この部分が「美術品」として扱われなかった理由や、画家たちに愛された理由となったのかもしれません。


画題は非常に多様だったとされますが、江戸時代後半から画題が時代に簡略されていき、現在では百余種と言われています。

美術的価値のない作品として扱われてきた

大津絵は、これまで歴史・民族資料として扱われることが多く、美術品として扱われることがあまりなかったそう。
その理由には、大量生産された安い土産物だったということや、「護符」として使用されていたことも関係しているとか。
江戸時代の絵画として知られる狩野派琳派、奇想の絵師や浮世絵とも違う、独特の面白さがあります。


護符としての役割「大津絵十種」

大津絵十種とは、1804~1829年(文化・文政期)に確定した、大津絵の代表的な画題のことです。
この頃から大津絵は護符として売られるようになり、そのためそれぞれの画題には特有の効用があり、それに応じた絵が画題として描かれていました。
ここからはその十種の画題とその効用について、有名なものを中心にお話しします。

f:id:fumi23art:20201009174434j:plain
①藤娘
「愛嬌が加わり良縁を得られる」という効用がある作品
藤娘とは、藤をかついだ娘という意味
歌舞伎や日本舞踊に演目として取り入れられたことで有名となった画題です。
歌舞伎の「藤娘」では、ストーリーは特になく、藤の花の精が娘の形で現れ、女心を踊る作品なのだそう。
f:id:fumi23art:20201009174503j:plain
②瓢箪鯰(ひょうたんなまず
この画題は、禅問答を表す内容の画題です。
「ひょうたんでなまずが抑えられるか?」という内容で、「捉えようのないこと」の例えとして使われています。
地震を起こす大鯰を日本猿が瓢箪を用いて押さえ込もうとしている
大津絵としては「物事を円滑に解決する」という効用があります。
f:id:fumi23art:20201009174508j:plain
③鬼の寒念仏
現在最も人気の大津絵
僧侶の身なりをした鬼の絵で、偽善者にたとえて風刺した画題です。
小児の夜泣きを止め悪魔を払う効用があります。
この鬼は、二本のツノが生えた一般的な鬼ですが、これは陰陽道の影響から来ているそうです。

④雷公(雷の太鼓つり)
名前の通り雷除けの効用がある画題

⑤長頭翁(外法の梯子剃り)
長寿の効用がある画題

鷹匠
利益が出て無くし物が手に入るという効用がある画題

⑦座頭
意外なものごとに足元を救われるという風刺を描いたもの。
「座頭」というのは江戸で視覚障害者の階級だったようです。
転ばないというような効用があったとか。

⑧槍持ち奴
道中安全の効用がある画題

⑨矢の根
目的が達成でき、願い事が叶う効用がある画題

⑩釣鐘弁慶
身体剛健にして大金を持つ

いかがだったでしょうか。
有名な3作品だけ、詳しくご紹介しましたが、
④以降の詳しい内容については、「大津絵の店」というサイトがわかりやすかったので、
ぜひそちらをご覧ください。
http://www.otsue.jp/index.html


多くの画家に愛されている

最初にお話ししたとおり、大津絵はこれまで多くの芸術家や文学家などの人々に愛されてきた絵でした。
古くは江戸時代後期、
伊藤若冲が「藤娘」「座頭」などの大津絵作品を描いていたり、
円山応挙は「大津絵美人図」という作品を残しています。
f:id:fumi23art:20201009174707j:plain
(写真)藤娘 伊藤若冲
円山応挙の大津絵美人図については、
資料がありましたのでリンクを貼っておきます。
http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/file/tayori/tayori_071_2008.pdf
大津市歴史博物館大津歴博だより(2008年発行)
5ページ目左下です。

大津絵のファンは他にも
・小絲 源太郎
・柳 宗悦
ピカソ
シーボルト など
超有名人たちですよね。

余談ですが、現代アート作家?の若狭慎一さんという方のアートも似た雰囲気を感じます。



いかがだったでしょうか
内容の認識違い等ありましたら、ぜひコメント等で教えてください


それでは、また来週

* * * * *
投稿 2020.10.09
更新 
参考 
東京ステーションギャラリー
「もうひとつの江戸絵画 大津絵」
9月19日(土)-11月8日(日)月曜日休館
10:00 - 18:00
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202008_otsue.html

大津絵の店
http://www.otsue.jp/index.html

大津絵の筆の初めは何仏 解説
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/ohtu.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ

つれづれ美術手帖 - にほんブログ村


感性を育てるアートチャンネル on stand.fm
https://stand.fm/channels/5f5aa2a0f04555115d2e85e4
アプリもありますが、ダウンロードしなくても視聴頂けます。